立春を過ぎても雪がちらついたり、寒さが厳しい毎日ですが、

 

少しずつ花壇のつぼみたちが開きだし、春の訪れが近いことを感じさせてくれます。

 

フィリオ神山保育所のお友達は風邪をひくことなく、

みんな元気いっぱいでこの2月を過ごせました。

 

暖かい時間を利用して、少しだけ戸外遊びを楽しんだり、

近くの緑道まで散歩に出かけた日もありましたが、

 

天候や気温の低さから、室内遊びが中心の1か月でした。

 

【そら組・たいよう組】

「粘土やりた~い」という声を受け取り、保育士が早速用意して小麦粉粘土遊び。

 

経験を重ねるごとにイメージする力もどんどん広がりを見せ、

型抜きを使ってクッキーに見立てたり、のばしたりちぎったりして団子を作ったりと、

 

 

思い思いに小麦粉粘土の感触を楽しむ姿がありました。

 

 

ある日は絵の具遊びで手形スタンプ。

 

手に絵の具がつくことにドキドキして、他の遊びを選ぶ子もいましたが、それも自然な姿。

全員同じじゃないですものね。いろんな反応があって素敵です♡

 

興味を持った子から「みてみて」と手についた色を喜んだり、

 

お友達と次々にペタペタ手形をつけて、画用紙がかわいい手形でいっぱいになりました。

 

 

【ふたば組】

ふたば組さんはみんな ♪わぁ~お の体操が大好き。

 

♪だんごむし、だんごむし、まってまってまってって・・・

曲をかけたり保育士が歌い出すと、にっこにこの笑顔になり、

 

 

室内はかわいいダンゴムシだらけになります(笑)

 

そのうちに、こ~んなかわいい瞬間が撮れちゃいました📸✨

棚の中や箱の中に入ることも大~好き。(*^-^*)

 

 

ある日のお絵描きでは、右に左に腕を動かしながらなぐり描きを楽しみ、

 

お友達が描いたところを覗き込んだり、

「どうやって持とうかなあ」と考えていました。

 

 

もうすぐ3月ですね。

 

 

たいよう組のお友達はこの保育所で過ごすのもあと1か月。。。

  

みんなでた~くさん遊んで、思い出いっぱい作ろうね。✨✨