暑かった夏から、突然冬のような寒さが到来し、

「秋はどこ?」と思ってしまうほどでしたが、

最近は秋らしい気候になり、お子さんたちは連日戸外遊びや散歩を楽しんでいます。

  

そらぐみ、たいようぐみさんは公園で保育士やお友達とかけまわったり、

固定遊具で身体を使って元気いっぱい遊んでいます。

  

登れなかった高さに足や手が伸びて、膝をあげて登れるようになったり、

  

「下りられないよ~」と言って保育士に助けを求めていたのが、

自分の力で確認しながら下りられるようになったり、

  

掴む力がついてきて長い時間ぶらさがってみたりと、成長があちらこちらに見られます。

  

「どんぐりあった~」

 

「あれ?」

 

「これなんだろう?」

 

「ほら見て~」

と、秋探し。

 

 

「あ!救急車。バイバ~イ」

 

大好きなはたらくくるまに偶然出くわすことも、散歩ならではの出来事です。

 

ふたば組さんは今月から更にお友達が増えて4人になり、散歩車は満員御礼(*^-^*)

 

みんなで仲良く出発~!!!

 

秋桜が風に揺れる様子を眺めたり、「あ!」と指差しして見たり。

 

ふたばぐみさんも散歩でたくさんの発見を楽しんでいます。

 

お子さんたちは秋晴れの空の下で、自然を感じながら少しずつ成長していっています。